2015
12.01

金属製のアクセサリーを身につけていて、赤みやかゆみが出る事があるという人は、もしかしたら金属アレルギーの可能性があるかもしれません。

敏感肌の人は、アクセサリーをつけたまま汗をかいたり、湿気がこもったりするような時は赤みやかぶれが起きやすいので注意しておきましょう。

金属アレルギーかどうかは皮膚科に行けば検査できます。
関連記事:金属アレルギーのチェック方法 分かりづらい症状と検査方法

自分が金属アレルギーだとは知らずに過ごしている人は意外と多いと言われていて、原因はアクセサリーだけとは限りません。

歯科治療で使われる金属も金属アレルギーの原因になる事があります。

まさか歯の詰め物がアレルゲンになるとはあまり考えないので、長い間原因不明の金属アレルギーに悩まされる人も多いのです。

詳しく調べてみて初めて、歯の詰め物が原因だったとわかり、詰め物を交換したとたんアレルギー症状が出なくなる事も多く報告されています。

歯科治療の場合は保険の金属にアレルギーが起こりやすいので、金属の種類を変えるか、セラミックにする事で対処できます。

結婚指輪の場合は、どうしたらいいのでしょうか?

まず結婚指輪も金属アレルギーがあると身につけていられなくなる可能性があります。

プラチナやゴールドはアレルギーが起きにくいと言われていますが、個人差もあるためダメな人はどちらも選べません。

一概には言えませんが花粉症などがある人は、汗によるかぶれ等で金属アレルギーを起こしやすいと言われていますので、一度病院で検査を受けてみましょう。

金属アレルギーの検査は皮膚科でやってもらえますし、健康保険が適用になります。

検査費用は3割負担でも1,000円前後ですから、初診料などを入れてもそれほどかかりません。

このような検査費用は高いイメージがありますが、意外とリーズナブルです。

金属アレルギーの検査では、金属の素材によりアレルゲンも特定されますから、アレルゲンとなる金属を避けておけば、結婚指輪も安心して付けられます。

検査に関しては病院に行って指示に従うだけですが、食材にも金属が含まれていますので、避けたほうがい食材ども教えてもらえます。

意外にも金属を含む食材は多いので、知らないあいだに口にする事もなくなり更に安心です。

金属アレルギーは結婚指輪だけでなく、食事にも原因が潜んでいるのです。

皮膚科なら大抵どこでも金属アレルギーテストはやってもらえます。

ピアスの穴を開けてくれる皮膚科なら、金属アレルギーテストも可能ですから事前にチェックしておきましょう。

結婚指輪を選ぶときには、皮膚科医にもアドバイスしてもらうといいかもしれません。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.