鑑定書をじっくり見たことありますか?

Posted on

ダイヤモンドを購入した時、鑑定書を一緒に渡されると思います。

その鑑定書、もらったままにしている人が多いのではないでしょうか。

開けて内容を確認したことはありますか。

手持ちのダイヤモンドの品質を証明しているものです。

鑑定書に書かれている内容について知っておきましょう。

【鑑定書、鑑別書、保証書の違い】

鑑定書というのは、ダイヤモンドを4Cに基づいてグレード分けしたものです。

鑑別書は宝石全般に発行されるもので、天然か否かなどが記載されています。

保証書は販売店側が商品に対して保証をするというもので、宝石そのものの価値を保証するものではありません。

【鑑定書の主な内容について】

鑑定書に書かれている項目は、形状とカット、カラット、寸法、カラー、クラリティ(透明度)カットの等級、対称性、蛍光性となっています。

特にダイヤモンドの評価基準となるのは4Cと言われるもので、カット、カラット、カラー、クラリティの4つです。

最低でもこの4Cの評価だけでも知っておくと良いでしょう。

【4Cについて】

4Cの中で、カット、カラット、カラーはだいたい理解できますが、クラリティが良くわからないのではないでしょうか。

クラリティとは内包物(インクルージョン)や表面の傷(ブレミッシュ)が無いかを評価したものです。

段階は11あります。

宝石店で販売されているダイヤモンドについては、内包物や傷は、肉眼ではほとんど確認できないものなので、それほど気にすることはありません。

家に鑑定書があるけれど、じっくり見たことがないという人は、一度じっくり見て、どんな評価がされているのか確認してみましょう。