鑑定書で重視する点はどこ?

Posted on

ダイヤモンドの鑑定書を見て、一番重視するところは何でしょう。

ダイヤモンドを選ぶ基準は4Cだといわれていますが、すべてが良いものはかなり高価になります。

用途によって、重視する点は変わってきます。

用途別で重視する点をまとめました。

【婚約指輪として使う時】

婚約指輪のダイヤモンドだとすると、4Cのうちのカットを重視してみましょう。

カットが鑑定書にエクセレントと書かれているものなら、とてもきれいな輝きのダイヤモンドです。

エクセレントの中でも、トリプルエクセレントやハート&キューピットだと、さらに輝きのあるダイヤモンドです。

予算に余裕があるならこれを選ぶと良いですよ。

カットが良いものだと、素晴らしい輝きがみられます。

【普段使いのアクセサリーとして使う時】

普段にもダイヤモンドをつける人はたくさんいます。

普段使いのダイヤモンドなら、カラットを重視してみましょう。

カラットは重さですが、重いものほど大きく見えるので、見た目の大きさを重視すると良いでしょう。

普段使いなら、0.3カラットから0.5カラットのものがおすすめです。

【用途に合わせて重視するところを変える】

婚約指輪はそう何度も買うものではありませんから、輝きを重視すると良いですし、普段使いで気軽につけるものならカラットを重視するとぴったりなものが見つかるでしょう。

ダイヤモンドそのものが小さくても、カットが最上級だとダイヤモンドが大きく見えます。

普段使いのものは0.3カラット前後なのでそれほど大きくありませんので、輝きはそれほど重視しなくても十分満足できますよ。

注目記事≫やっぱり大きいほど良い!? 婚約指輪のダイヤのサイズ