ダイヤモンドの鑑定機関について

Posted on

ダイヤモンドの鑑定機関はいくつかあって、宝石店によってどの鑑定機関の鑑定書を採用するかまちまちです。

しかし、きちんとした宝石店であればたいていどこでも同じ鑑定機関を使っているようです。

どのお店も1社だけでなく、海外1社、国内1社というように、複数の鑑定機関を利用しているようです。

【4Cは世界共通の基準】

ダイヤモンドを評価するのは、4C(カラット、カット、カラー、クラリティ)で行われます。

これは世界共通の基準となっており、どこで鑑定しても同じ結果が出ることが原則となっています。

鑑定機関によって、甘くしたり厳しくしたりするのは良くありませんので、どの鑑定機関も4Cとダイヤモンドグレーディングシステムを使って鑑定しています。

【鑑定機関は公的機関ではない】

ダイヤモンドの鑑定機関は、公的機関であると思っていた人も多いのではないでしょうか。

鑑定機関は公的機関ではありませんし、鑑定書は公的書類というわけでもありません。

実は鑑定書は誰にでも発行できるものなのです。

ダイヤモンドの鑑定士は、国家資格でもないので極端な話ですが今日から私は鑑定士と名乗っても良いわけです。

ですから国内、海外でも有名な鑑定機関を覚えておき、そこが発行した鑑定書が信頼できると言えるでしょう。

【多少の誤差はあるがほぼ同じ】

各鑑定機関が出す鑑定結果は、4Cにしてもほぼ同じであると言われていますが、精密機械の誤差などによって多少の誤差が出ることがあります。

しかし、ダイヤモンドの価値に大きく差が出るものではありませんので安心してください。