ダイヤモンドの鑑定を依頼するなら

昔買ったダイヤモンドだけれど鑑定書がない、という方は実は多いのではないでしょうか。

ダイヤモンドの品質を鑑定してその結果が記された書面が鑑定書となりますので、それが無いという事は品質を証明できるものが無いという事になり、買取の際の価格にも影響が出てくるという事になります。

自分の好みで買ったものなので品質などは気にならないというのであればよいのですが、だとしても将来何かの都合で手放すことが無いとはいえません。

そしてその時に思いのほか安い価格を提示される可能性もあるので、後々のためにも鑑定書は持っていた方が安心と言えるのです。

ではどうすれば鑑定書は手に入るでしょうか?

買ったお店に行けばよいと思いがちですが、鑑定書はお店が発行しているわけではないのです。

【買ったお店に依頼?】

鑑定書を発行して欲しいと、買ったお店に行く人は多いです。

しかしダイヤモンドの鑑定書は、そのお店が発行しているわけではありません。

結構これを勘違いしている人が多いようです。

ダイヤモンドの鑑定書は、鑑定機関に直接ダイヤモンドを持ち込めば個人でも鑑定してもらえるのです。

買ったお店では、もちろんその鑑定機関の紹介をしてくれますので、問い合わせてみるのも良いでしょう。

【信頼できる鑑定機関に依頼】

ダイヤモンドの鑑定書は、実は誰でも作成することができます。

鑑定士も、国家資格ではないため、自称鑑定士という人がいることも事実です。

そのような鑑定機関に依頼してしまうと、いい加減な鑑定書を作成される可能性があります。

ですから信頼できる鑑定機関に依頼するようにしましょう。

インターネットで調べても良いですし、宝石店に尋ねてみると教えてもらえます。

【鑑定料が必要】

個人で鑑定書の作成を依頼することができますが、鑑定してもらって鑑定書を作成してもらうと費用がかかります。

ダイヤモンドの場合は、数万円でできるでしょう。

鑑定機関によって費用は違いますので、事前に問い合わせてみるようにしましょう。